変形性脊椎症(変形性腰椎症)

■変形性脊椎症とは

 変形性脊椎症は、痛みや痺れなどの症状が現れた時、レントゲン上で脊椎や椎間板や背骨周囲の組織に変形がみられた時に診断されるようです。腰椎が変形していた場合、変形性腰椎症と呼ばれます。

 変形性腰椎症は腰椎や椎間板や背骨周囲の組織が長年、体を支えたり、動かしたりすることで負荷がかかり次第に組織が変形し、腰痛や足の痺れなど症状が現れる加齢による症状といわれています。レントゲンで、椎体の肥厚や骨が変形して棘のようになってしまった骨棘、水分が少なくなり変形した椎間板を確認することができます。

 お尻や足の痛みや痺れ、筋力低下が現れた時は、変形した組織が神経の絞扼しているとされ、脊柱管狭窄症といった名称がつきます。

■変形性腰椎症の主な症状
・慢性的な鈍い腰痛・こわばり
・立ったり座ったりする時の腰痛
・長時間、同じ姿勢でいる時の腰痛
・重いものを持ち上げた時の腰痛
・お尻や足の痛み、痺れ

■整形外科では

 一般に整形外科では、湿布や消炎鎮痛剤の投与、温熱療法といった理学療法などを行います。神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みや痺れで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われます。

■カイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックでは、変形してしまった脊椎を元に戻すことはできませんが、腰痛や下肢に痛みや痺れるといった症状を改善させることはできます。

 変形性腰椎症を把握するうえで大切なのが、脊椎が変形しているという『形態的』なものと、腰痛や下肢に痛みや痺れるという『症状』を分けて考えることです。脊椎が変形していて腰痛や痺れのある方の多くは、腰や臀部、腹部の筋肉に強い緊張や機能低下がみられ、自分自身の体を正しく支えたり、動かしたりすることができません。逆に、老齢で変形をしていても腰痛や足の痛みや痺れを感じていない方は、腰や臀部、腹部の筋肉の状態も良く、日常、不自由なく正しく体を動かすことができ、姿勢も良いです。このことから、『変形=腰痛・痺れ』ではないと当院では考えています。

 『変形≠腰痛・痺れ』であることをふまえ、なぜ、腰痛・痺れがでるのか原因を見つけ、神経系のバランスを整え、腰部・骨盤周囲の筋肉の機能を回復させてあげると、腰部・骨盤の動きがスムーズになり、多くのケースで腰痛や足の痛みや痺れは改善していきます。変形を修復しなくても、変形性腰椎症の症状改善につながります。

 老化で背骨が変形しているから腰痛、痺れを諦めるのではなく、体のバランスを整えていけば、腰痛や痺れは改善されていきます。変形性腰椎症で、腰痛に悩んでいる方は、ぜひご相談下さい。