肩こり・首の痛み

■肩こり・首の痛みの原因

 一般的な肩こりの痛みやコリ感は主に上部僧帽筋、肩甲挙筋、脊柱起立筋群、菱形筋、棘上筋と言った首・肩・背中周りの継続的な過緊張によって、血行不良となり、細胞に栄養が運ばれないことや細胞の酸欠により痛みの物質が作られることで感じます。また、筋肉の過緊張により頸部の可動域が減少することで、筋肉の伸縮できなくなり、血行不良を助長させ、長期間、その状態が続くと筋肉が硬く縮んだままとなり、ストレッチをしても、なかなか伸びなくなってしまうことで肩こりが慢性化していきます。また、寝違えといった急性の症状や頭痛や肩の痛みや可動域の減少といった症状にも発展します。

 肩こりの原因として、姿勢不良や体の硬さなどの機能的要因や、デスクワークが多い、緊張することが多いといった環境的要因、睡眠時間や食生活、運動習慣といった生活習慣などがあります。

■首・肩甲骨周辺の機能

機能的要因の機能とは、脳の指示で筋肉が収縮、関節を曲げ伸ばしすることで体を動かすことや体が倒れないように支えることができるということです。首周りの機能は頭を支え、首を動かすことです。猫背の方は、頭を正しい位置で支えきれず、前に傾いており、重い頭を首の後ろの筋肉で常に支えている状態が日常化しており、それが肩こりの原因になっていることが多いようです。頸部の筋肉は背中に繋がっているので、背中や肩甲骨の間のコリや痛みとして感じる場合もあります。

■カイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックは、慢性化した肩こりでも、うまく働いていない体の機能を正常化することで痛みなどの症状を緩和させることができます。

 ここでは、病理的な問題が少ない肩こりの原因について説明していますが、他に、むち打ちや関節の変形が原因であったり、狭心症などの内臓の病気が隠れていたりする場合があります。