頚部脊柱管狭窄症

■頚部脊柱管狭窄症とは

 背骨の中心には脊髄が通る管(脊柱管)があります。その脊柱管が狭くなると脊髄自体が圧迫を受け、腕のしびれだけでなく様々な症状がみられるようになります。
 脊柱管が狭くなる原因は、脊柱管の周りにある靱帯が変性(老化現象のようなもの)で厚くなってしまったり、椎間板が突出したりでも起こります。

脊髄は中枢神経なので、ただ単に神経を触れた痛みだけでなく、様々な症状を起こす可能性があります。
首のあたりの脊髄には、手の神経、足の神経、排尿や排便に関わる神経などが通っています。従って首で脊柱管狭窄症を起こすと、手や足の麻痺、排尿・排便の障害などを起こす可能性があります。

■主な頚部脊柱管狭窄症の症状

●手足のしびれや痛み

●だんだんと指の運動がうまくできなくなり、ボタンがかけにくい、箸がうまく使えないなどの症状が出る。

●脚に力が入らなくなるということや、さらにひどい状態だと排便・排尿障害が起こることもある。

脊髄に障害が出るため、麻痺のような症状を起こす可能性があります。

■頚部脊柱管狭窄症は禁忌症です

 頚部脊柱管狭窄症は整形外科の治療範囲となります。正確な状態の把握をするために、整形外科でしっかりと検査をしてもらうことが大切です。

 もし、病院で検査しても異常がなく、手足のしびれや痛みが出る場合は、頚部脊柱管狭窄症でない可能性もあります。その場合は、カイロプラクティックで改善することもあります。

いずれにせよ、上記の症状がある場合は、まずは、病院で異常がないか診断してもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です