胸郭出口症候群とは

■胸郭出口症候群の原因

 胸郭出口症候群は神経障害と血流障害に基づく上肢痛、上肢のしびれ、頚肩腕痛になる疾患の一つです。

首の付け根の前側から胸郭の上部(鎖骨の周り)を胸郭出口といい、腕に向かう神経の束や血管の通り道があります。胸郭出口の筋肉の過緊張などが原因で、腕に向かう神経や血管の通り道が狭くなり、腕や手の神経や血管を絞扼してしまい、肩、腕、肩甲骨、手の痛み、腕や手の痺れ、感覚障害、手指の筋力低下が起きてしまうことを胸郭出口症候群といいます。

■主な胸郭出口症候群の症状

・腕や手の痺れ。前腕尺側と手の小指側に沿って痺れることが多い。

・神経が絞扼された場合、ビリビリと痺れを感じる。

・血管が絞扼された場合、ジワーッと痺れを感じる。

・動脈が絞扼された場合、腕は白っぽくなり、痛みを感じる。

・静脈が絞扼された場合、手や腕は青紫色になる。

・指先の冷え。

・手や指の脱力感。握力低下。把握した物を落としてしまう。

・手のひらや甲に萎縮がある。筋肉が痩せてみえる。

・慢性的に肩こり感がある。

・首、肩、肩甲骨を動かしにくい。

・電車のつり革をつかむなど腕を拳上したり、首を動かした時に症状が悪化する。

・パソコンなど長時間のデスクワークや読書をしたときに症状が悪化する。

■胸郭出口症候群の種類

 胸郭出口症候群は神経や血管が何処で、何によって絞扼されるかによって名称が変わります。

斜角筋症候群

 首の付け根の前側にある斜角筋が過緊張していることによって神経や血管が絞扼された時に症状が現れた場合、斜角筋症候群といわれます。斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の三つがあり、前斜角筋と中斜角筋の間を神経と血管が走っているため、これらの筋肉が緊張してしまうと、そこで神経と血管を絞扼してしまうので手の痺れなどの症状が現れます。

 斜角筋は呼吸補助筋であるため、息を止めることで症状が悪化することもあります。頭の位置が前方に傾き、肩こりをお持ちの方に多いといわれています。

小胸筋症候群(過剰外転症候群)

 胸の前外方にある小胸筋が過緊張していることによって小胸筋と肋骨の間が狭くなり、神経や血管が絞扼された時に手の痺れなどの症状が現れた場合、小胸筋症候群といわれます。肩が前に出ている猫背の方に多いです。腕を拳上した時に症状が悪化することが多いです。教師など腕を上に挙げて働く職業に多いと言われています。

肋鎖症候群

 腕に向かう神経や血管は鎖骨と第1肋骨の間を通過します。鎖骨が物理的な力で圧迫されたり、鎖骨と肋骨の間の組織が硬化することで鎖骨と肋骨の間が狭くなり、神経や血管が絞扼された時に手の痺れなどの症状が現れた場合、肋鎖症候群といわれます。鎖骨の骨折歴がある方や重い鞄を肩に掛けている方に多いといわれています。

頚肋症候群
 通常、胸椎だけにあるはずの肋骨が、稀に第7頸椎にある方がいます。この場合、余分な肋骨によって、神経や血管の通り道が狭くなり、神経や血管が絞扼された時に手の痺れなどの症状が現れた場合、頚肋症候群といわれます。

上記の胸郭出口症候群が複合している時もあります。

■整形外科では

 一般に整形外科では、消炎鎮痛剤、血流改善剤やビタミンB1などの投与、僧帽筋や肩甲挙筋の強化運動訓練、肩甲帯を挙上させる装具などの保存療法を行います。腕を拳上する作業や重い鞄を肩に掛けることなど避ける指示があります。

 手の痺れ、筋力低下、腕や手の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経や血管の絞扼を除去する(前斜筋腱の切離、第1肋骨が切除、小胸筋腱の切離、頚肋の切除)手術が行われます。

■カイロプラクティック・ケア

 宗像カイロプラクティックセンターでは、なぜ、肩こり、胸郭出口の筋肉が過緊張するのか原因を見つけ、神経系のバランスを整え、神経や血管の通り道が広くなるように胸郭出口の筋肉の緊張を緩め、首や背中、肩の筋肉の機能を高めると、首・肩・肩甲骨の動きがスムーズになり、多くのケースで胸郭出口症候群の腕や手の痛み、肩、腕、肩甲骨、手の痛み、腕や手の痺れ、感覚障害、手指の筋力低下といった症状やそれに伴う肩こりや首や肩、肩甲骨の可動制限は改善していきます。胸郭出口症候群や肩こり、首や肩の可動制限に悩んでいる方は、ぜひご相談下さい。