むち打ち症

■むち打ち症とは

 むち打ち症は交通事故やスポーツ障害などにより頭頸部に急激に強い力が加わり、ムチのように頸椎がしなり、関節や筋肉、靭帯を痛めてしまう、挫傷です。受傷直後は炎症が起き痛みで首を動かせなくなります。その後、急性期が過ぎ、炎症がなくなっても、元通りに首が動かせなくなり(可動域減少)、首の痛み、コリ感、頭痛、眩暈、吐き気、手の痺れ、全身の不調などの後遺症に悩まされることが多いです。受傷直後は問題なかったけれど、忘れた頃に、不快な症状が出始めることもあります。

 むち打ちの受傷直後は、まず病院を受診してもらう必要があります。頭部の損傷、頸部の骨折や脱臼がないのか確認する必要があり、カラーで固定します。
急性期を過ぎた、むち打ち症は、大きな問題がなければ、少しずつ頸椎を動かす必要があります。長い間、カラーを付けたままにしておくと頸部の筋肉の機能が低下し、肩こり等の原因なります。そのため、病院では頸部の牽引等の治療が行われます。

■カイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックは、慢性化した、むち打ち症に効果的です。しばらく病院で治療したけれど、痛みが残っている、思うように首が動かない、頭痛、全身症状などがあるといった方には、カイロプラクティックがおすすめです。頸椎の問題から起因する後遺症を緩和させていきます。また、弱った頸部の筋肉の機能を回復させ、コリや張り感を軽減させます。