妊娠中や産後の腰痛

妊娠中の腰痛

 妊娠中の腰痛の原因として、主なものとして、機能低下や体のホルモンの分泌が考えられます。
多くの妊娠中の腰痛は、妊娠前から腰痛になる要素を持っていた可能性があります。多くの方は、妊娠前から体の機能が低下しています。それにより、いつ、腰痛になってもおかしくない体だった疑いがあります。例えば、腹部の筋機能などの体の機能が低下していると、胎児の重さに耐えきれず、腰を反らして、腹部の加重を支えようとします。そうすると、反らした腰部に負荷がかかることで、次第に腰痛になっていきます。

 女性は月経前や妊娠中から妊娠直後までリラキシンといホルモンを分泌します。そのリラキシンの作用は関節や靭帯を緩めて、骨盤を広げます。靭帯が緩み出産しやすい体になるということは良いことですが、関節の動く範囲が増えて、筋肉の負荷が増大します。その時、その負荷に耐えうるだけ、筋骨格系が高い能力を持っていれば、その状況の変化に体全体がうまく順応できて、腰痛になりにくいのですが、神経系の不調があり、全身の筋骨格系の機能が低下している場合は、負荷を全身で支えることができず、負荷のかかる腰にますます負荷がかかり腰痛になりやすいです。

産後の腰痛

 産後の腰痛の原因のとしてリラキシン(ホルモン)の分泌減少による骨盤の固定化や妊娠期間中に運動習慣がなかったことによる機能低下が考えられます。
妊娠中とは逆に、リラキシンが分泌されなくなることで、次第に関節や靭帯の可動性がなくなって固定されます。骨盤前方の恥骨結合も固定されていきます。その時、筋骨格系が妊娠前と同じ状態に戻ればよいのですが、妊娠前後で骨盤周りの状態が変わってしまうことがあります。出産による外傷も含め、骨盤環境の急激な変化をきっかけに骨盤周囲の機能が正常に働かなくなることがあります。

 妊娠前は適度に体を動かしていた方も、産休や体重増がきっかけで、何かと億劫になり体を動かす習慣がなくなる方もいます。産後の体はリラキシン・ホルモンが分泌が減少することで、ある程度は妊娠前の前に戻ります。しかし、出産後の体は運動習慣がなくなった期間分、体の機能が低下しており、産後、低下した能力を意識して回復させない限り、妊娠前の状態には戻りにくいです。

 体の機能が正常でない体で育児をすることで、腰痛になったり、肩こり、慢性疲労など妊娠前にはなかった体調不良に悩み、生活のパフォーマンスが低下します。

妊娠中や産後の腰痛や腰痛予防にカイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックは、体の機能を回復させることで、妊娠中や出産後の腰痛を改善させます。できれば、妊娠中や出産後に腰痛にならないためにも、妊娠前から体の状態を整えておくことが理想です。妊娠前からカイロプラクティックを受けておくことで、腰痛の予防にもつながります。