仙腸関節症候群

仙腸関節症候群とは

 骨盤は左右の寛骨とそれに挟まれる仙骨からできています。骨盤前面は左右の寛骨がつながっている恥骨結合、骨盤後面は左右の寛骨と仙骨がつながる関節があり、その関節を仙腸関節といいます。仙腸関節症候群は重い物を運んだり、足を踏み外したり、体を捻じった時に起こりうる骨盤の関節由来の症状です。左右の足に均等に加重を掛けないアンバランスな姿勢も、継続的に、仙腸関節に負荷を与え、仙腸関節症候群になる要因となります。女性では、妊娠中や産後、生理周期のホルモンの変化による靭帯や恥骨結合の弛緩により、仙腸関節症候群になることもあります。症状としては腰痛と下肢に鈍い痛みや痺れを伴います。下肢に痺れを伴うことから坐骨神経痛と間違われることもあります。

仙腸関節症候群の主な症状

・腰痛、臀部痛。
・腰や骨盤を動かした時に腰痛などの症状が悪化する。骨盤を固定して動かさないと悪化しない。
・骨盤の可動域の減少、股関節の可動域の減少を伴うこともある。
・鼠径部、股関節、臀部、太もも、ふくらはぎへのジワジワとした鈍い痛みや痺れ。神経痛によるビリッとした激しく速い痺れではない。
・下肢の筋力低下

整形外科では

一般に整形外科では、安静とコルセット装着、鎮痛剤の投与などを行います。従来、整形外科では仙腸関節性の痛みは軽視されてきました。

カイロプラクティック・ケア

仙腸関節症候群には、カイロプラクティックの施術が効果的です。腰痛や痺れの原因となっている仙腸関節の状態を整えることで、多くのケースで、腰痛や痺れが改善されています。腹部や腰、背中の筋肉の機能を高めることで、仙腸関節に負荷を掛ける悪い姿勢も良くなっていきます。
腰痛やお尻や太もも、ふくらはぎの痺れに悩んでいる方は、ぜひ宗像カイロプラクティックセンターにご相談下さい。