手根管症候群

手根管とは

 手のひらにある骨と屈筋支帯により形成されるトンネル構造を手根管といいます。その中を正中神経と指を動かす腱が通っています。後下方の足根骨と屈筋支帯により形成されるトンネル構造を足根管といいます。

手根管症候群とは

 手根管はトンネル構造のため狭く、そこを通過する神経や筋肉の腱を絞扼することがあります。この手根管が絞扼されると薬指の半分から親指まで痺れや痛み、焼けるようなピリピリするといった違和感などを引き起こすことがあります。指に力が入らないなり、親指の付け根である母指球が痩せていくこともあります。手首を曲げる時に症状が増悪します。手根管での絞扼の原因として、ホルモンの変化や手首の過使用、骨の変形などが考えられます。妊娠中や糖尿病の持病がある方、人工透析をしている方に多いと言われています

整形外科では

 一般に整形外科では、症状がひどい時にはステロイド薬と局所麻酔薬の混合液を患部に注射し痛みを軽減させます。それでも症状がひどい時は手術を行うことがあります。

カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、手根管の周囲の筋肉の緊張の緩和させると同時に、手首の関節の動きをつけます。また、手根部への負荷の原因となる肘、肩、背骨なども総合的に調整することで、手根管の周囲の筋肉の緊張を根本的に改善させます。手根管症候群でお困りの方は、ぜひご相談下さい。