椎間関節症候群 腰を反らした時の腰痛

椎間関節症候群とは

 背骨は1つ1つの椎体からできており、腰には腰椎といわれる5つ椎体の骨があります。背骨の後方には椎体と椎体をつなげる椎間関節があります。椎間関節は腰を反らした時に最も圧迫されます。椎間関節症候群は椎間関節に腰部を反らすような力や圧迫が加わった時に起きる背骨の関節由来の症状です。また、椎間関節症候群は慢性的な要因で起こることもあり、お腹を前に突き出した(腰を過剰に反らした)日常的な悪い姿勢(継続的に椎間関節に負荷を与えてしまうので)や妊娠による腹部の重さで体を支えるバランスが変わることでも起こります。症状としては腰痛と下肢に鈍い痛みや痺れを伴います。下肢に痺れを伴うことから坐骨神経痛と間違われることもあります。

■椎間関節症候群の主な症状

・腰を反らした時に腰痛などの症状が悪化する。
・腰を丸めると腰痛などの症状が楽になる。
・腰部の関節の可動域の減少
・鼠径部、股関節、臀部、太ももの後面、時には、ふくらはぎへのジワジワとした鈍い痛みや痺れ。神経痛によるビリッとした激しく速い痺れではない。
・下肢を触った時に左右の感覚の違いを感じる。
・下肢の筋力低下
・くしゃみや咳で腰痛などの症状が悪化。

■整形外科では

 一般に整形外科では、安静とコルセット装着、鎮痛剤の投与などを行います。従来、整形外科では椎間関節性の痛みは軽視されてきました。

■カイロプラクティックでは

 椎間関節症候群には、カイロプラクティックの施術が効果的です。腰痛や痺れの原因となっている椎間関節の状態を整えることで、多くのケースで、腰痛や痺れが改善されています。腹部や背中、腰の筋肉の機能を高めることで、椎間関節に負荷を掛ける悪い姿勢も良くなっていきます。腰痛やお尻や太もも、ふくらはぎの痺れに悩んでいる方は、ぜひ宗像カイロプラクティックセンターにご相談下さい。