野球肘

■野球肘とは

 野球肘とはボールを投げすぎることによって起こる肘の障害全般をいいます。
症状として投球時、肘に痛みがでたり、肘の曲げ伸ばしが困難になります。繰り返しボールを投げることで肘への負荷が過剰になることで、筋肉が過緊張になり、筋肉の付着部の骨端が剥がれたり、靱帯や腱に痛みが出ます。

 タイプは大きく分けて3つあります。
 肘の内側(小指側)の内側上顆に痛みがでる内側型野球肘。最も多いタイプで正式には内側上顆炎といわれるものです。内側側副靭帯損傷や屈筋群筋や回内筋に炎症が起きます。

 肘の外側(親指側)の腕橈関節に痛みがでる外側型野球肘。上腕骨小頭離断性骨軟骨炎など腕橈部に障害が起きます。長期の休養期間を要します。重度だと手術が必要になる場合があります。

 肘の後の肘頭窩に痛みがでる後方型野球肘。肘頭の疲労骨折や関節面が変形して骨棘ができます。

 野球肘を治すためには、炎症を抑えるために、投球動作の禁止し、休養が必要といわれています。状態により1年以上の休養期間が必要になる場合があります。休養後も繰り返し、症状が再発することもあります。

 一般に、野球肘の原因は、投球動作の反復と投球フォームが悪いことで肘への負荷がかかることで起きるといわれています。

■カイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックの考え方では、主に体幹の機能が低下しているため、全身を使った投球ができず、肘への負荷を高めていると考えます。体をうまく使えなければ、肩や肘の力だけで投球することになります。体幹の筋肉に比べ、肩や肘にある筋肉は弱く、疲れやすいです。その弱く疲れやすい筋肉を酷使することで野球肘は起こります。

 筋肉の機能低下は投球のパフォーマンスにも影響します。正しい筋肉の機能は必要な時に、収縮し、状態保持して関節を安定させ、弛緩することです。

 投球するためには、体を支える筋肉、テイクバック期に使う筋肉、リリース期に使う筋肉などをうまく使っていく必要があります。テイクバック期にはリリース期に使う筋肉はしっかり伸びる必要があり、リリース期にはテイクバックに使った筋肉は伸びないと効率良く投球はできません。リリース期のテイクバック期に使う筋肉の緊張は投球の邪魔になります。
また、投球に使うための筋肉が1か所でも正しく使えない場合、それを補うために、他の筋肉に力が入り、必要な時に力を入れることができません。そのためパフォーマンスは低下します。無駄に力が入ると筋肉を酷使することになり、疲労性の故障の原因になり、体も早く疲れます。不必要に筋肉を緊張させて状態でのプレーは怪我の原因になり、捕球するためにボールに飛びついたり、ホームベースに滑り込んだ時に、膝や肘など思わぬところを痛めます。

 カイロプラクティックでは、筋肉の機能を高めることで、スポーツ障害を予防し、競技へのパフォーマンスを高めます。野球肘や野球肩の痛みも改善し、休養期間の短縮、再発予防もできます。