腰部脊柱管狭窄症

■腰部脊柱管狭窄症とは

 脊柱の後方の脊髄といわれる神経の通り道(脊柱管)が狭くなることで、神経が絞扼されて、腰痛、お尻や足の先に向かって痛みや痺れなどの症状が現れるものです。 高齢者に多く、50歳前後から増加します。脊柱管が、骨棘や神経を取り囲む、黄色靭帯などの肥厚などで狭くなり、神経が絞扼されて脊柱管狭窄症は起こります。何が原因で神経を絞扼しているかによって脊椎症、変性すべり症といった名前でよばれることもあります。  骨棘や靭帯の肥厚があるから必ず脊柱管狭窄症が現れるとは限らず、ある日、思い当たる原因もなく、臀部や太もも、足先に痛みや痺れを感じます。腰痛の症状を伴う時もあります。放置して症状がなくなることもありますが、少しずつ悪化、繰り返し再発することもあります。

■腰部脊柱管狭窄症の症状

・両足または片足に痺れがある。
・腰を反らすと症状が悪化する。体を前かがみにすると楽になる。
・痺れは、鋭く、ビリビリ電気が走るような感じ。
・灼熱感がある。
・足に力が入らない
・歩いていると痺れにより、歩くことが困難になるが、休むとまた少し歩ける。(間欠性跛行)
・歩くのに比べ自転車に乗っていると症状が軽い。押し車を使うと症状が軽い。
・軽い腰痛、腰痛を感じないこともある。
・肛門や陰部の感覚異常。
・排尿、排便がコントロールできず、垂れ流しになる。

「肛門や陰部の感覚異常」、「排尿、排便のコントロールの喪失」がある場合は『馬尾症候群』の可能性が高く、『馬尾症候群』であれば、緊急の手術が必要になります。ただちに救急車で病院に行くことをお勧めします。『馬尾症候群』は時間との勝負で、処置時間の違いで予後に著しく違いがでます。

■整形外科での治療

 一般に整形外科では、馬尾症候群や症状が重い脊柱管狭窄症の場合は、手術をしますが、軽い症状では手術は行わず、消炎鎮痛薬などの薬物療法やリハビリ、コルセット、神経ブロックなどの保存療法を行います。

■カイロプラクティックによる施術

 カイロプラクティックでは、全身の神経系のバランスを整え、腰部・骨盤周囲の筋肉の機能を回復させてあげると、腰部・骨盤の動きがスムーズになり、多くのケースで、腰痛や下肢に痛みや痺れるといった脊柱管狭窄症の症状は改善されています。
 長期の薬物療法などで改善しない方や、リスクのある手術に踏み切る前に、カイロプラクティックをお試しいただくことをおすすめします。腰部脊柱管狭窄症で、腰痛や痺れに悩んでいる方は、ぜひご相談下さい。