腰痛・臀部の痛み・コリ

■一般的な腰痛・臀部の痛み・コリの原因

 一般的な腰痛・臀部の痛みは主に腹部・腰部の腸腰筋、腰方形筋、脊柱起立筋群、広背筋、臀部の大・中小筋、梨状筋と言った腰部・臀部周りの継続的な過緊張や腰椎や骨盤の仙腸関節、股関節が動きが悪いこと等で起こります。
  関節の可動制限や筋肉の過緊張状態が続くことで、臀部や太ももやふくらはぎに鈍い痺れのような痛みがでることもあります。腰部・臀部の問題は股関節や膝、足底の痛みといった症状にも発展します。
 腰痛の原因として、姿勢維持筋の弱化などの運動機能的要因や、デスクワークなど同じ姿勢でいることが多いといった環境的要因、睡眠時間や食生活、運動習慣といった生活習慣などがあります。

 運動機能とは、脳のコントロールで適切に筋肉や関節を動かす能力のことです。運動すると腰痛になる方、座ったままでいると腰痛や臀部に痛みが出る方は運動機能が低下している可能性があります。
 腰痛が慢性化する要因として構造的問題だけでなく、心理・社会的ストレスが関係していることが、最近の医学でも言われるようになってきました。

■カイロプラクティック・ケア

 カイロプラクティックは、慢性化した腰痛や臀部の痛みの改善に効果的です。うまく働いていない体の運動機能を正常化することで。症状を改善させることができます。整形外科で運動不足や老化が原因と言われた腰痛をお持ちの方も多くのケースで改善されています。なかなか改善しない腰痛をお持ちの方はぜひ、ご相談ください。
 ここでは、病理的なものが少ない腰痛や臀部の痛みの原因について説明していますが、他に、関節の変形、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど臀部や足にビリビリとした激しい痺れを出すもの、腎臓などの内臓の病気が隠れていたりする場合があります。