脊椎分離すべり症(腰椎分離すべり症)

■脊椎分離すべり症・腰椎分離すべり症とは

 脊椎すべり症は、椎体が下の椎体よりも前方へ移動してしまい、腰椎すべり症は腰痛と下肢痛や痺れを伴います。分離症が進行して起こるものに『分離すべり症』があります。

 脊椎分離症は、脊椎後方の関節突起間部といわれる部分に亀裂が入っている状態のこといいます。学童期でスポーツをしている人がなることが多く、5番目の腰椎で多くみつかります。分離症が放置された場合、脊椎の関節の安定性が損なわれてしまうため骨と骨との位置関係にずれることがあり、『分離すべり症』になる可能性があります。腰椎分離すべり症は腰痛や下肢に痛みや痺れ等の症状でレントゲンを撮った時にみつかることが多いようです。

■主な腰椎分離症すべりの症状

・腰を反らすと症状が悪化する。
・慢性的に腰に重だるさや腰痛を感じている。
・運動をすると腰痛を感じる。
・臀部や足に痛みを感じる。
・臀部や足に痛みや痺れを感じる。痺れは、鋭く、ビリビリ電気が走るような感じ。
・足に力が入らない。
・歩いていると痺れにより、歩くことが困難になるが、休むとまた少し歩ける。(間欠性跛行)
・歩くのに比べ自転車に乗っていると症状が軽い。押し車を使うと症状が軽い。

■整形外科では

 一般に整形外科では、安静とコルセット装着、鎮痛剤の投与などを行います。腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われます。

■腰椎分離すべり症を理解するために

 脊椎分離すべり症を把握するうえで大切なのが、脊椎が分離しているという『形態的』なものと、腰痛や下肢に痛みや痺れるという『症状』を分けて考えることです。それは、必ずしも『形態的』なものと『症状』が一致していないからです。かなりの確率で脊椎が分離していても腰痛や下肢の痛みや痺れなどの症状がない人がおり、分離しているから腰痛になったり、痺れがでるとはいえないのです。

■カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、分離し、ずれてしまった脊椎を元に戻すことはできませんが、腰痛や下肢に痛みや痺れるといった症状を改善させることはできます。脊椎分離すべり症の方の多くは、腰や臀部、腹部の筋肉に強い緊張や機能低下がみられ、宗像カイロプラクティックセンターでは、それを改善していくことが重要と考えています。

 カイロプラクティックでは、『分離状態≠腰痛・痺れ』であることをふまえ、なぜ、腰痛・痺れが発生するのか見つけ、全身の神経系のバランスを整え、腰部・骨盤周囲の筋肉の機能を回復させてあげると、腰部・骨盤の動きがスムーズになり、多くのケースで、腰痛や足の痛みや痺れが改善されています。脊椎が分離し、ずれている状態を修復しなくても、腰や臀部、腹部の筋肉の強い緊張や機能低下を変化させるだけで、腰椎分離すべり症の症状改善につながります。腰椎分離すべり症で、腰痛や痺れに悩んでいる方は、ぜひ、宗像カイロプラクティックセンターにご相談下さい。