整体との違い

 カイロプラクティックは、アメリカ発祥の手技療法です。

WHO(世界保健機関)で定められたカイロプラクティックの定義

 筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーション(アジャストメント)を含む徒手治療を特徴とし特にサブラクセーション(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する。

※上記、定義は、WHOの定義を直訳したものであり、日本の法律上の問題から、国内のカイロプラクティックの表現として不適切と思われる語句(診断、治療など)が使われていることをご了承ください。

整体との違い

 カイロプラクティックはしばしば整体と同一視されることがあります。ここではあえて、両者は異なる施術方法であることを明示いたします。

 両者はともに脊椎など骨格を手技的に操作するという点では一致していると思われますが、定義と教育基準が明確なカイロプラクティックとは異なり、整体には学問としてそれを説明できる明確で統一的な見解が歴史的背景上も概念的にもいまだに見出すことができないと思われます。また、個人や団体レベルで行われている整体の教育はそれぞれの独自の「整体観」に基づいた内容です。

 日本国内では、どちらも法制化されていないため、カイロプラクティックと整体が混同されてしまい、その店が、どのような施術を行っているのか、判断がつきにくいのが現状です。