禁忌症

■このような症状に対しては施術できません

主な病気や外傷

・癌

・関節リウマチなどの膠原病

・出血しやすい病気

・高熱の出る病気

・感染症

・骨折捻挫

・骨の異常、脱臼など(特に首の骨に関するもの)

・馬尾症候群

・進行性の神経学的欠損の徴候を伴う明確な椎間板ヘルニア

・その他内臓疾患など

※上記は、代表例であり、禁忌症をすべて列挙しているわけではありません。

 上記のような病気や外傷が原因なものを施術すると、体の運動機能が回復できないばかりではなく、病気や外傷の悪化を起こす恐れがあります。

 少しでも、病気や外傷の疑いがあるのであれば、病院を受診してください。

お知らせください

 病気や外傷、妊娠の疑いや診断を受けている場合、治療中の病気や服用している薬がある場合は、施術方法の考慮や施術の中止が必要となります。
 事前にお知らせください。